エッチ体験談

アダルト掲示板の書き込みから出会った19歳のリコちゃんとのセックス

投稿日:

出会い系サイトではいつも全力で落としに行きますが、即ヤリでうまく1回セックスできても次回の約束ができずセフレにできない場合も少なくありません。
アダルト掲示板の書き込みから出会ったリコちゃんとも、会ったその日にセックスはできたのですが・・・。

リコちゃんの情報

  • 名前 : リコちゃん
  • 年齢 : 19歳
  • 職業 :会社員
  • 体型 : 普通体型

19歳会社員リコちゃんと出会い系のアダルト掲示板で出会う

ベッドにいる女性

リコちゃん(仮名)は19歳の会社員です。

リコちゃんはぼくが書いたPCMAXのアダルト掲示板の書き込みにメールをくれました。
ぼくの掲示板の内容がエッチな感じだったので、すぐにエロメールをするようになり、会うまでも1週間くらいだったと思います。
出会い系サイトのアダルト掲示板に書いている書き込みに自分からメールを送るくらいだから、リコちゃんもかなりエッチなんでしょうね。

ドライブの後、初対面で即ヤリセックスすることに

ある日曜日にリコちゃんの家の近くで待ち合わせをして、ぼくの車でしばらくドライブをする事に。
ドライブ中は方言炸裂で機関銃の様に話していて、すごく元気な女の子だな~という印象を受けました。
さすが、少し前までJk(女子高生)だった19歳だけあります。

元気な女子とホテルに入ると

しかし、ホテルに入ってキスとか始めると、途端にかなりの恥ずかしがり屋さんになりました。
手で顔を隠すわ、体は海老のようにドンドン逃げていくわでなかなか攻められません。
アダルト掲示板の書き込みに自分からメールした女の子とは思えません。

しかし、何とか頑張って手足を制して、おっぱいを舐め始めると気持ち良さで逃げるのを忘れたのかじっとして、おとなしくぼくに好きなようになめさせてくれるようになりました。
それでも、乳首を舐める毎に太腿はモジモジクネクネといやらしく動いてましたが、その動きは逃げているんじゃないと思われます(笑)
そして、モジモジしている脚の間は、かなりヌルヌルになっていました。

「何でこんなにヌルヌルなの?」
言葉攻めをすると、目をつぶって恥ずかしそうに顔を赤らめます。
かわいい!!

その姿を見たぼくは一気にカチンカチンになったので、その硬さのまま挿入しました。
正常位で突いている間もリコちゃんはまだ恥ずかしがっていて、ぼくを見ようとしません。
ですが、キスをすると激しく舌を絡ませてきます。
そして、恥ずかしがりながらも腰はいやらしくクネクネ動いて、気持ちいいところにぼくのものの先っぽを擦り付けようとしてきます。
19歳なのにエロすぎます。
そのギャップにまた興奮したぼくは、辛抱できずに、また早めに出してしまったのでした。

それで2人とも汗だくになったので、一緒にお風呂に入ることにしました。

しかし恥ずかしがり屋のリコちゃんは一緒にお風呂に入るのも当然恥ずかしいらしく、入るまでも一苦労です。
優しい言葉で誘導して、なんとかお風呂にたどり着きました。
浴室で見たリコちゃんの全裸は、色白のきれいな肌と、大きいながらもツンととんがった形のいい胸がとても印象的でした。

我慢しなくていいよ

お風呂から上がると、ベッドに戻り、ゴロゴロします。
そこでもリコちゃんは布団を体に巻きつけ、完全防備です。
お風呂で全裸を見られて、ぼくの指で大事なところのひだの間まで洗われたのに、まだまだ恥ずかしいようです(笑)
即ヤリなので、初対面でまだ慣れていなくて恥ずかしいのかもしれませんね。
その恥ずかしがりっぷりに刺激されたぼくはまた攻撃を開始しました。

両方の乳首をくっつけて舐めたりして、胸を一通り攻め終え、布団にもぐり、そのまま舌を下半身に這わせていきました。
ヘソを経由して内ももを舐めたり甘噛みしたりして焦らした後、それからリコちゃんの一番恥ずかしいところに舌を進めていきます。
毛を唇で挟んで軽く引っ張ったり、息を吹きかけたりして、リコちゃんの息が荒くなってきたところで、ようやく本命を舐め始めました。

既にヌルヌルになっている割れ目に沿って舌で舐めあげていき、少しコリっとした突起を発見します。
その周辺を皮の上から優しく舐めます。
円を描くように舌を回転させたり、尖らせた舌で弾いたりします。
すると、リコちゃんの声が大きくなっていきます。
リコちゃんはクリトリスがかなり弱いようです。
弱点を見つけたら、全戦力を投入します。
舌全部を平たく使って押し付けるように舐めたり、クリトリス周辺を唇で吸って、そのまま舌でレロレロやりつつしゃぶったり、いろんな舐め方を試していきます。

唇を軟らかくしてクリトリスに優しく押し当て、そのまま口を上下左右に動かしたり、円運動させたりした時、リコちゃんの声が一番大きくなりました。
「あ~~~~」という切ない声が途切れずに聞こえます。
既にぼくの顔はリコちゃんの液でヌルヌルのビチョビチョです。
それを潤滑液にして、顔をさらに激しく動かし続けます。
「ダメ、ダメ・・・、変になる・・・」
「我慢しないで変になっていいよ」
舐めながら、言葉責めもしつつ、そのままリコちゃんの体力の限界まで舐め続けたのでした。

舐めている最中、ぼくはリコちゃんのオ〇ンコにかなりの舐めやすさを感じていました。
舐め終わった後、リコちゃんのオ〇ンコを観察してみると、尿道付近から下(後ろ?)は毛がありません。
剃っているわけではなく、元々生えていないらしく、ピンク色のひだが毛に隠されていないためよく見えます。
それでいて、生えているところは比較的しっかり毛が生えています。

リコちゃんはアソコにもいやらしい、素敵なギャップがあったのでした。

-エッチ体験談
-, , ,

Copyright© 出会い系エッチ体験談&失敗談 , 2019 All Rights Reserved.